読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある大学のTechnician(技術職員)

とある大学の技術職員の海外研修の記録です

第7週目 Kindergartenの音楽コンサート

 f:id:ToaruDaigakuNoTechnician:20170519010402j:plain小学校のホールに飾ってあった絵(英語の本読んであげなきゃ・・)

 

子供達が小学校に通い始めて3週間となります。現在、長女は3rd grade、次男はKindergartenと、アメリカでは新学年が9月スタートなので、1学年落としたクラスに入れてもらっています。長女のクラスには日本人の女の子2人と同時期に転入した男の子1人がいるそうなので、30名弱のクラスに4名の日本人がいます。女の子2人は同じアパートに住んでおり、転入翌日から一緒に公園で遊び、性格も合うようで、すぐにクラスになじむことができました。一方次男のクラスには日本人の女の子が1人いるそうで、その子がいろいろと通訳をしてくれていろいろと面倒をみてくれているそうですが、いかんせん男の子と女の子なので一緒に遊ぶということは中々ないようです。最初の1週間、次男は『みんな何を言っているかわからない』、『Kinderに行きたくない』と言っていましたが、そのうち、ポケモンつながりでアメリカ人の男の子とクラスの中で時間を過ごせるようになり、『Kinderにいきたくない』とは言わないようになりました。ただ、やはり英語の壁は高く、いまだにその男の子の名前すら知らない、といっていました。そんな中で『Kindergartenの音楽コンサート』の案内を持って帰ってきたので、妻と三男と私の3人で小学校の見学もかねて行ってまいりました。

 

Kindergarten3クラス分の子供達がホールに入場してきて、元気の良い歌がはじまりました。ただし次男は無表情のまま口を開けることはありません。その姿を見るのに忍びなく、『みんな何を言っているかわからない』の言葉を思い出し、涙が出そうになりました。続いて一人ひとりが楽器をもっての合奏です。次男ウクレレを受取り、もしかしたらウクレレを持ったまま微動だにしないのかと思っていたら、少しですが手を動かし、演奏してくれていました。歌は何を言っているのかわからないから歌えないけど、楽器ならできる、やれることを取り組もうと努力する次男の姿を見て、涙が出てしまいました。その後のハンドベルも一生懸命周りに合わせて振っていました。完全アウェイの中、たくましく成長している次男の姿を見ることができて、うれしく思いました。

こうしてコンサートが終了し、子供たちが退場していったので、私たちも帰ろうとしていたら、親達はゾロゾロと教室へ向かっていきます。案内にはその後の事は特に告知されていませんでしたが、なんとそのまま教室へはいって行き、子供の隣に一緒にいるみたいです。次男は心配そうに教室の入口付近に立っていました。私たちの姿を見るとニッコリして、手を引いて教室へ迎え入れてくれました。担任の先生が『外側の壁にシュンが書いた絵があるから見せてあげて』と英語で次男に伝え、わかってないかなと思っていたら、手を引いて絵の前まで連れてきてくれ『どれがオレが描いた絵だかわかる?』と見せてくれました。絵にはアルファベット一生懸命に描いたであろう名前とタイトルが書いてありました。その字を見てまた、涙が出そうになりました。

教室へ戻ると、次男はアメリカ人の例のお友達とブロックで遊びはじめました。そのお友達の隣へ行き、『いつもシュンと遊んでくれてありがとう。シュンのお父さんなんだけど、君の名前を教えてくれないかな。』ときいたら『ジョージ』と教えてくれました。次男に『ジョージ』っていうんだよと伝え、次男はとてもうれしそうに『ジョージ、おさるのジョージで忘れない!』とニッコリしていました。ジョージが手書きのポケモンの絵を持ってきてくれて、私に見せてくれました。担任の先生が『ポケモンは世界をつなぐ橋ですね』といってくれました。本当にそうですね。ポケモン、ありがとう。

第6週目 やっと実験を始めました

f:id:ToaruDaigakuNoTechnician:20170513050820j:plain      Cornell大学に来て初めて合成した試料記念すべき第一作目

 

4月の研究室ミーティングで教授よりとある触媒を合成するように言われてから、合成までに3週もかかってしまいました。というのも、私が日本で合成していたのは固相反応による金属酸化物(セラミックス)が主だったので、カーボン上に金属を担持した触媒を、しかも液相合成するのは、はじめての経験でした。まずは論文調べから始まり、続いて実験器具の購入、試薬の入手と、思った以上に時間がかかってしまいました。Cornell大学特有の事か、アメリカで一般的なことなのかわかりませんが、基本、実験器具等は自分だけの専用、試薬についても、日常的に使用する試薬は共通ですが、合成用の出発原料は基本個人で購入するようです。洗瓶や手袋、薬包紙、ウェスにいたるまで、自分用を用意するそうです・・実験器具を購入のためのIDとパスワードを教授からもらい、地下にあるSTOCKROOMへ行き、必要な品物を購入してきました。

原料となる試薬は数mg程度しか使用しないので、試薬管理システム(web)で在庫を確認し、持っていそうな院生にお願いし、試薬を分けてもらいました。有機溶剤が置いてある部屋は別の教授の研究室だったのですが、そこでも実験用のスペースをもらっていたので、そこで実験を始めてしまいましたが、あとで聞いたら、合成実験は自分の研究室でやるべきだよ、と注意されてしまいました。一人で実験をするのは万が一の時、危険ですもんね・・ごめんなさい。と、いろいろ、ありましたが、あまり使い慣れない有機溶媒を使用しながら、何とか論文に書いてあった手順に沿って、触媒試料を合成することができました。ただ、まだXRDを取っていないので、ちゃんとできているかはまだ不明です・・

 

かなり久しぶりの実験だったので、勘を取り戻すのに時間がかかりますが、でもやっぱり、モノができるとうれしいですね。これからどんどん(安全第一で)実験を進めたいと思います。

第5週目 渡米後1ヵ月が経過して

f:id:ToaruDaigakuNoTechnician:20170505110348j:plain

         コーネル大学の時計台の見える広場から

 

振り返ってみると、あっというまの怒涛の1か月でした。

渡米してからの1か月間をまとめておきます。

 

1)電話でインターネットとケーブルテレビ(タイムワーナー)の契約

2)プリペイドSIM(H2O)の購入・開通

3)銀行口座の開設(デビットカードの入手)

4)中古車の購入

5)ソーシャルセキュリティーナンバーの取得

6)小学校の手続き

 

この1か月を振り返っての感想など

・Ithacaの人たちはとても親切(留学生が多い街なので、英語がへたくそな外国人にも丁寧に対応してくれる)

・車は必需品(Ithacaは坂が多いので自転車はスポーツ好きな人用)

・買い物はデビットカードで処理するのが一番スマート

・スーパーは会員登録しないとお買い得品がお買い得にならないところが多い

・単位がガロン・ポンド・マイルなので、換算式を頭に入れておかないと困る

・アメリカの小学校は掛け算と割り算をセットで教えている(シンガポール式Math)

 

車の燃費(コスト)がメチャクチャ悪いなーと思っていたら、ガソリンはガロン表示、走行距離はマイル表示なわけで、実際にちゃんと換算したらガソリンは約半額、燃費もそれなり(約10 km/100円)でした。子供の宿題もガロンとカップの関係とか、そっちのほうが教えるのに難しかったです。小学校3年生の算数で少数の掛け算と割り算をやっているので、それがまた教えるのに大変でした。

プリペイド式SIMは1ヵ月経過したので、お店でカードを買ってきてリチャージしました。私の場合、開通時にちょっとしたトラブルがあって、あとで気づいたのですが、LTEでのデータ通信3Gbの30ドルプランのはずが、サービスで12Gbの60ドルプランになっていたので、プラン変更の手続きが追加で必要だったので、自動応答の電話での操作だったので、かなり手古摺りました。今後の更新はデビットカードでのネット決済にしたほうが楽みたいです。

 

アメリカにはゴールデンウイークがない、実はこれが今一番痛かったりして・・

第4週目 小学校へ編入完了

f:id:ToaruDaigakuNoTechnician:20170428040006j:plain アパートから小学校までは500m足らずですがスクールバスを利用してます

 

先週、子供たちを連れて小学校へ行ったら『Spring brake』だったわけで、次の火曜日とは4/25だったようですが、念のため、前日の4/24(月)に子供たちを連れて、小学校へ行きました。先日いただいた書類を渡そうとしたら、

 

私『サインして書類を持ってきました』

担当者様『この書類はここに提出ではないです』

私『この間、子供たちと来てと言われたのですが・・』

担当者様『ちょっと待ってくださいね』

 

私が内容を正確に理解していない様子をさとり、なんと日本人の先生を呼んでくださりました。Y先生が正確に通訳してくださりました。どうやら書類は『Ithaca City School District』へ提出しなければならなかったらしいです。Y先生が言うには今日中に提出すれば予定通り明日から受け入れてくださるとのこと、『これから提出してきます』ということで、聞いた住所を頼りにIthaca City School Districtの担当部署に書類を提出してきました。すぐに小学校へ確認の電話してくださり、無事、翌日から登校できるとのことでした。

 

翌朝、子供たちと再度、小学校へ行きました。入口で前日通訳をしてくださったY先生とESLのお二人の先生が出迎えてくださりました。そのまま子供たちと私達両親と一緒にESLの教室へ連れて行ってくださり、子供たちの英語の理解度チェックをしてくださりました。ESLの先生はとてもやさしい口調で話しかけてくださり、子供達の緊張をやわらげてくださりました。日本へ帰ったら、外国人の学生にはこういう風に接してあげなければ・・外国人の側の立場になってみて、初めてわかることですが、とても勉強になりました。その後、学校内の教室等を案内してくださり、各部屋の紹介と注意事項等を教えてくださりました。親同伴で案内してくださるので、子供達も緊張せず、また親も安心しました。大学のみならず、小学校までも外国人の受け入れについては日本とは格段の差があるように思いました。編入に関し、いろいろな説明を受けましたが、日本で諸先輩方のwebを見て勉強していたつもりでも、見落としていたことがかなりなるので記録として残しておきます。以下の事はNY, Ithaca、もしかするとこの小学校だけのルールかもしれませんが参考になるかと思います。

 

・小学校には午前中におやつの時間があり、果物等のおやつを持参する

・ピーナッツアレルギーの子供が多いので学校にピーナッツ関係を持ち込まない

・部屋に入る前に手を洗ってから入る(外に行っていなくても)

・スクールバスは無料

・給食は有料

・保健室の先生が必要な注射のリストを作成してくださる

・学校経由で注射を受ければ格安だが、一般病院だと1本につき数百ドルかかる

・文房具は年度初めに各自が持ってきてそれを共用するので、個人が毎日持っていく必要はない

 

Y先生がいらっしゃらなかったらどうなっていたか・・

子供達が編入するクラスにて担任の先生がクラスメイトにうちの子供たちを紹介してくださりました。長女、次男のどちらのクラスにも日本人の子がいて安心しました。

翌日から、スクールバスに乗って登校することになりました。

 

Y先生、ありがとうございました!

 

21日目 Ithaca周辺をドライブ

f:id:teyrskhagi:20170425012002j:plain         4/23(日) Cayuga Lake のほとりのStewart Parkで

 

HさんからCayuga Lakeの畔にStewart ParkとTaughannock Falls State Parkの二つの公園を教えていただいたので、サンドイッチを作って行ってまいりました。

Stewart Parkは13号線をおりてすぐのCayuga Lakeの最南端の畔に位置する公園でアパートから10分もかからず到着いたしました。公園の中心にはアパートにある遊具よりもスケールの大きな遊具がありましたが、ほとんどの遊具の下が前日の雨のため水たまりで、ブランコぐらいしか、遊ぶことができませんでした。ロケーションはCayuga Lakeの最南端ですのでとても素晴らしい景色でした。遊具で遊ぶのはまたの機会ということで、Taughannock Falls State Parkへ向かいました。

Stewart Parkから車で20分ぐらいでTaughannock FallsのRock Fallの展望台に到着しました。日光の華厳の滝を太くしたような高低差のある見ごたえのある滝でした。どうやら、滝壺周辺まで歩いて行けるようですが、展望台からの道はなく、下流から散策するコースがあるようです。

滝を後にし、Taughannock Falls State Parkへ向かいました。ここは駐車場が有料のようで、ナイアガラの滝の駐車場は10ドルでしたが、こちらの駐車場は8ドルでした。Cayuga Lakeの畔にやはりたくさんの遊具があり、どれも日本では見たことのない遊具ばかりでした。遊具の置いてある遊び場には木のチップが敷き詰められており、子供が遊具から落下してもけがをしないようになっていました。駐車場が有料ではありますが、その価値は十分あると思います。どちらも素晴らしい公園を紹介していただきました。また来たいと思います。

20日目 Barnyard Fun Day @ Cornell大学

f:id:teyrskhagi:20170425011914j:plain        4/22(土) Barnyard Fun Dayに行ってきました

 

The Block and Bridle Clubの学生たちによるBarnyard Fun Dayというイベントに行ってまいりました。Cornellで知り合いになったHさんの奥様より、妻あてにお誘いのメールをいただきました。昨日の記録にCornellの駐車場事情について記しましたが、Hさんの奥様に、どうしたらよいか、詳しくお伺いしました。すると、スマートフォンアプリにCornellの駐車場アプリがあるそうです。また、デビットカードで直接、自動支払機を利用すればよい、とのことでした。早速、Barnyard Fun Dayの会場近くの駐車場に車を停め、自動支払機を操作しましたが、うまくいきません・・土曜日は無料だそうです。勉強になりました。次回、妻のデビットカードの受取の際は、こちらの自動支払機を利用しようと思います。

Barnyard Fun Dayは子ヤギ、子牛、ひよこ、馬、豚などの家畜さんが勢ぞろいでしたが、うちの子供たちは動物のにおいにやられてしまい、楽しめていなかった様子です。帰りにStocking Hallでアイスクリームを食べようと、考えておりましたが、土曜日は12時からの開店ということで、まだ開店には時間があったので、Ithacaのダウンタウンでおいしいというアイスクリーム屋さんへ行き、アイスを食べてまいりました。帰りにHさんの奥様よりお伺いしたWegmans(食料品スーパー)へ行ってきました。良いお店を教えてもらえました。

19日目 Cornell大学の駐車場事情

f:id:teyrskhagi:20170425011834j:plain      4/21(金) 1本、1本の木に何やら、掲示がされています・・

 

妻と子供たちがやってきて1週間になろうとしていますが、買い物はいつも家族全員で行っています。私が大学に行っている間に買い物へ行ってくれると大変助かるのですが、デビットカードは私の分しか作成していないため、支払いのために私も同伴している感じです。ということで、妻用のデビットカードを作成するため、研究室を14時にはあとにし、妻を連れてて銀行の窓口へまいりました。車で大学にやってきたのですが、なにやら、勝手に開いているところに止めてはまずい様子で・・結局、安全策として以前、研究室の大学院生に、『ここなら24時間以内の駐車はオッケー』と教わった場所に止めてきました。しかし、これでは不便です。デビットカードの受取の際も本人でないとダメでしょうから、今後の事も踏まえて駐車場をどうするか、リサーチする必要があります。妻のデビットカードですが、私との共同口座ということで、滞りなく申請できました。来週にはデビットカードが手に入るそうです。

 

写真についてですが、どうやら、25年間でそれぞれの木の経済効果が示されているようです。先日までこのような掲示はありませんでした。さすがCornell大学です。