とある大学のTechnician(技術職員)

とある大学の技術職員の海外研修の記録です

第25週 日本とアメリカの学校の違い

f:id:ToaruDaigakuNoTechnician:20170922233842j:plain               霧のコーネル

 

先々週と先週は9月だというのにとても寒かったわけですが、今週末はなんと最高気温30℃の天気予報が出ています。その数日間が過ぎるとまた最高気温20℃、最低気温10℃と寒さが戻るわけですが、体調管理に気を付けないと風邪をひいてしまいそうです。

新学期が始まり、Cornell大学で日本語を教えている日本人の先生より、授業の一環として2週に1回、学生と話をする機会を作ってはもらえないかと依頼がありました。毎年Visitingで来る人にお願いをしているのだそうです。特に断る理由もないので、お引き受けいたしました。アジア系の4年生2人が私の担当となりました。彼らの日本語での質問に対して日本語で答えて、そのやり取りを録音し後日レポートにまとめる、ということだそうで、外国語を学ぶという意味では、かなりハードな内容だと思います。なぜハードかといえば、Cornellの学生らしく、非常に難しい内容の質問をしてくれるからです。『燃料電池の研究というと、具体的にどのようなことをしているのか、一般的な燃料電池の課題は何か、どのようなアプローチで解決できるのか?』、『日本はなぜ少子化なのか、その解決策はあるのか?』、『日本とアメリカの教育制度の違いを教えてください、どちらの方が良いと思うか』等、私が所属する日本の大学の4年生なら、そんな質問をまずしないだろうなぁと思いながら、『無責任な自分自身の考えである』、ということを前置きに好き放題答えています(笑)。

せっかくの機会だったので、あらためて『日本とアメリカの教育制度の違い』について考えてみました。とりあえず小学校を比較すると

1)クラス 日:30数名、どのクラスも見た目がほぼ同じ(机の並び方など)

      米:20名以下、クラスごとにバラバラ(教員のやりやすい形式)

2)授業  日:クラス全員、米:数学や英語などはレベル別

3)通学  日:子供のみ、米:親が見送り、お迎え(バス乗場も)

4)教員と親のコミュニケーション

      日:問題があった時のみ、米:かなり濃い(多い)

と、かなり異なり、日本は集団生活に重きを置き、アメリカは個人の成長に重きを置いている、という感じです。インタビューの時には一概にどちらが良いとは簡単には言えないと学生たちには答えました。

またアメリカのハイスクールに至っては、そもそも自分が所属するクラスはなく、すべての授業は自分でカリキュラムを組む単位制で、ほぼ大学みたいない感じです。そして宿題が山ほど出る・・小学校以上により個人にフォーカスした教育となっています。日本の中学・高校では同じ制服を着て、クラス全員で同じ授業を受けるわけで、小学校の集団化をさらに進めた感じですよね・・そうそう、アメリカではハイスクールまで義務教育だそうで、入試はありません。これも大きな違いですね。

さて、最後は大学の比較ですが、私の所属する日本の大学とCornell大学は学部生の数がだいたい一緒なので比較をするのに非常に都合が良いわけですが、最も目に付く違いは、教職員数だと思います。(いや、一番は面積差、30倍の広さか?)私の所属する大学は1教員・職員あたりの学生数が平均よりも多い(つまり教員・職員数が少ない)ということもあるかもしれませんが、Cornellの教員・職員数はおそらく数倍多く、1教員・職員あたりの学生数は数分の1だと思います。ただし雇用形態はほとんどが短期契約のようです。うちの大学では任期付きの職員は『3年』経過すると、再契約というのは稀ですが、Cornellでは1年契約で10年以上働いている事務職員さんがいらっしゃいます。というか、専任の事務職員さんに私はあったことがないかもしれません。研究サイドでもポスドク以外にResearch Associate、Research support specialist、Technicianなどの様々な肩書の方がグループ予算で雇用されており(Technicianは大学予算で雇用されているみたいです)、1年契約だけど20年以上いらっしゃる方が何人もいらっしゃるそうです。アメリカはキャリアアップが盛んなので、短期契約で仕事をしてスキルアップして他の仕事に就くというスタイルが根底にあるので、雇用形態に問題は全くないそうです。お話を聞いているとパーマネント職は教授だけなんじゃないかと思うくらいです。教職員は学生をしっかりサポートし、学生は目いっぱい成長しようと、高い意識を持っているように思います。世界ランク19位は伊達ではありません。うちは1000+位だったっけ・・・日本では少子化という問題があり、教職員数を安易に増やせない理由もわかりますが・・・(あれ、大学の話になったら学校制度の違いではなく、愚痴みたくなってしまいました)

とはいえ、日本には日本の風土に合った学校制度、アメリカにはアメリカの風土に合った学校制度なので、雇用の形態も含め一概にどちらが良いとは言えないことは事実だと思います。

第24週 秋をすっ飛ばして冬の入口に・・

f:id:ToaruDaigakuNoTechnician:20170918224835j:plain      9月中旬ですが、あちこちで紅葉が始まってます

 

何人かの先生に、Ithacaの夏は短いよ!って、お伺いしてはおりましたが、今週に入り、朝の気温が10℃を下回る日が続きました。最高気温も20℃ぐらいですので、秋というより、冬の入口みたいな気候です。学校が始まり、朝のスクールバスの見送りには薄手のコートを羽織って行かないと寒い感じです。最近の日本の9月中旬といえば、暑くて暑くて、こんな時に運動会の練習なんてやったら倒れちゃうよ!って気候だと思いますが、どっちがいいのやら。来週は最高気温が25℃ぐらいに戻るようなので、すごしやすい秋らしい気候になるといいんですが・・

第23週 新学期が始まりました

 f:id:ToaruDaigakuNoTechnician:20170913160856j:plain           大学にも人があふれています

 

長ーい夏休みがやっと終わり、Elmentary schoolは9/5から、High schoolは9/6からそれぞれ新学期が始まりました。さらりと高校からと書きましたが、長男は日本では中学3年生です。アメリカでは日本と比較して半年早く年度替わりするので、長男の年であれば本来高校2年生となります。当初長男は12月に日本へ帰るのでこちらでもMiddle schoolに入るようにお願いをしていたのですが、さすがに2gradeは落とせないと言われてしまい1grade落としてHigh schoolの1年生となりました。Ithacaには公立高校は1校しかないので、市内から高校生が集まってきます。それゆえに、『ENLのクラスが充実しているよ』とMiddle schoolの先生に教えてもらっておりました。ラッキーなことにHigh schoolにはうちの長男と同じように8月に渡米してきた日本人の男の子がいました。Middle schoolには日本人はいないそうで、英語しかしゃべらない日本人ハーフの子がいるだけと聞いていたので、High schoolを選んでよかったかもしれません。ただし、彼の日本での所属中学は某有名私立中学校だそうで、ENLに入る必要のないそうです・・・それでも、ランチの時は一緒に食べるのだそうで、お互い学校内で唯一日本語が通じるもの同士、それなりにお付き合いをさせていただいているようです。
長女は今まで同じクラスだった日本人の女の子とクラスが変わってしまい、ちょっとご不満のようです。それでも同じクラスだった韓国の女の子と仲良く英語のフォローをしてもらいながら頑張っています。次男の方は、前のクラスで仲良しだった韓国の男の子と同じクラスになりました。また、もともとIthaca市内にすんでいた日本人の男の子が、アジア人が多い小学校といううわさを聞いて、転入してきました。春の時には『学校に行きたくない』と言っていた次男ですが、今は兄弟の中で最も『学校好き』になっているように思います。

第22週 自転車通学

f:id:ToaruDaigakuNoTechnician:20170903211305j:plain         アメリカでは自転車もバスで運べます

 

実はこの2か月、雨でない日は自転車で通学しています。コーネルIDがあれば、バスは無料で乗れるわけですが、妻の『太ったんじゃない?』の一言で、最低限の運動ということで、自転車通学が始まりました。コーネルは丘の中腹、アパートは丘の上に位置しておりますので、行はヨイヨイ、帰りはコワイ、じゃないですけど、往路は15分ほどですが、帰りは20分以上かかってしまいます。でも、緑の中を抜けてのサイクリングはとても気持ちの良いものです。

日本ではほとんど乗ることのない自転車ですが、まるで自分の体の一部のようだ!と、調子に乗っていると、先日、往路の下りの坂道の中腹で針金を踏んでしまい、後輪がパンクしてしまいました。幸い大学の近くの坂でしたので、自転車を押していき、帰りは、自転車をバスのフロントに固定して帰って参りました。家に帰り、近くに自転車屋さんがないか、検索をしましたが、当然ありません。自分でパンクを直すことを決意し、walmartで修理セットが売っていないか検索をすると、『スライム』という商品を発見いたしました。7ドルででタイヤ約3本分の量が入っています。簡易パンク修理セットが5ドル、さらにモンキスパナを買うことを考えると、スライムの方がかなり安上がり、ということで、スライムを購入しました。家に帰り、アメリカ式のタイヤのバルブを外し、完全にタイヤの空気を抜いて、スライムを規定量導入し、空気を入れて、ちょっとコロコロとタイヤを回して、半信半疑でしたが、これだけで本当にパンクが治りました。その後、空気が抜けることもなく、無事に自転車での通勤を続けております。

 

あとになってから、『スライム』について注意喚起している日本の自転車屋さんのwebページを発見しました。日本でもスライムは売っているようですが、ちょっと高いですね。webには3年するとタイヤのバルブの先端が溶けてしまう、とのことでした。特殊なチューブを使用している自転車は使用を控えたほうがいいみたいです。でも、これで2年間パンクしないなら、2年後にチューブごと変えたとしても、私は便利なものだと思います。

 

第20-21週 マンハッタン旅行

f:id:ToaruDaigakuNoTechnician:20170823000839j:plain

          42nd St. 沿いのNY州立大学のビル前

Ithacaは間違いなくNY州にある訳ですが、普通の日本人が思い浮かべるNYはNYC特にマンハッタン周辺のはずです。私もそうでした。子供達もそうです。ということで、念願だったマンハッタンへ家族6人で3泊4日の旅行へ行って参りました。

第一日目はNJのLiberty State ParkからStatue of Libertyを見に行きました。
第二日目はStaten Islandから無料のフェリーに乗り、マンハッタンの最南端から、World Trade Center跡地を見学した後、地下鉄で北上し、アメリカ自然史博物館とセントラルパークに行ってきました。
第三日目はSecaucusのNorth Bergen Park and Rideを利用し、バスに乗りLincoln Tunnel経由でマンハッタン入りし、Port Authority Bus TerminalからUberで車を呼び、国連本部を見学、42nd St. 沿いを歩きTimes Square周辺を観光しました。
最終日の四日目はWoodburyのアウトレットでたっぷりとお買い物をして帰路につきました。

☆NJからマンハッタンへの移動
NJのスーパーであるミツワにて日本食材の買い出しをすることも今回の目的の一つだったので、ミツワの近くのホテルに宿泊いたしました。NJからマンハッタンへ入る経路は色々とありますが、時間とコストのバランスを考えると、3日目に利用したNorth Bergen Park and Rideがbetterであると思います。『とある事務系リーマンのニュージャージー駐在日誌』さまのブログ(http://nj-chuzai-nisshi.blog.jp/archives/1039187253.html)に写真入りの詳しい利用方法がありますので、とても参考になりました。私達が利用した際は帰りのバスGateは『231』ではなく『213』になっていました。往路のバスで降車の際に運転手さんに帰りのGateを確認した方が良いと思います。往路は朝の渋滞につかまってしまいバスに乗ってから到着まで30分でしたが、復路はバスターミナルから10分程度でバス停に到着しました。
Staten Islandからの無料のフェリーは、途中Statue of Libertyも遠目に見ることができます。ミツワからStaten Islandのフェリー駐車場まで車で1時間以上、渋滞につかまると1時間半、フェリーの乗船時間も考えると、ミツワ周辺からマンハッタン側のフェリー乗り場まで2時間と考えたほうが良いです。時間に余裕がありマンハッタン南部を観光する場合は良いかもしれませんが、それ以外はあまりお勧めできません。Staten Island側のフェリー乗り場付近のホテルに宿泊するのなら、非常にお勧めです。

☆マンハッタン内の交通手段
南北の移動は地下鉄が便利です。東西の移動は徒歩で移動しました。国連本部ツアーの時間がギリギリになってしまったので、この時だけはUberを利用しました。初回15ドル分無料クーポンを使用したので、1ドルで利用できました。急いでいたため、バスターミナル近くの混雑している交差点を乗車場所に指定してしまったので、運転手さんに迷惑をかけてしまいました。乗車場所を通り1本かえてわかりやすい場所にしたら、もっとスムーズにUberを利用できたかなと思います。

 

ミツワマーケットプレイス

お刺身がお手頃価格(Ithacaの半額以下)で売っていました。ミツワには結局3日間通い続け購入したお寿司や丼を毎晩の夕食にしてしまいました。また購入したお刺身は店員さんが単独でビニール袋で包装してくれます。日本では当たり前ですが、日本方式がきちんと教育されていてとても感動しました。お刺身やイクラをホテルの冷凍庫で冷凍しIthacaまで持ち帰りました。併設されている美容室は日本語が通じるということで、妻と娘は4ヵ月ぶりにそこでカットをしました。

 

f:id:ToaruDaigakuNoTechnician:20170823000945j:plain

            とある大学の自由なおっさん

◎The Statue of Liberty
NYマンハッタン側からの船はものすごい混雑でした。帰りの船は何回待てば乗れるの?ってぐらい混雑しておりました。NJ側の船の乗車率はNY側の1/5ぐらいでしょうか。座る席がいっぱい空いていました。マンハッタンに宿泊していないのであればNJ側からThe Statue of Libertyへ行くのがお勧めです。NJ側であればチケット売り場からセキュリティチェックを含めて10分程度で乗船場所まで行けました。Crownまでのチケットは半年以上前から予約する必要があるみたいです。台座までであれば当日でも購入できそうです。(NY側は事前に購入した方がよさそうです)

 

f:id:ToaruDaigakuNoTechnician:20170823001152j:plain

               国連総会議場

国連本部ツアー
事前にオンライン予約が必要です。国連本部へ入館前にセキュリティーチェックがあることは予習しておりましたが、入館前に、通りの向かい側のビルで代表者が受付を済ませてから、敷地へ入り、その後、セキュリティーチェックとなります。Uberを利用したので、ツアー時間前に国連本部前に到着しましたが、受付とセキュリティーチェックで結局15分遅れでツアー窓口にたどり着きました。運よく予定のツアーに途中から合流させてもらうことができました。テレビで見たことがあるような会議場を見学することができるので、十分価値のあるツアーだと思います。ツアー30分前には国連本部前に到着していた方が良いですね。

◎アメリカ自然史博物館
すばらしかったの一言です。13時に入館し、ラストの17時までいましたが、時間がまったく足りませんでした。4階から地下1階までかなりの距離を歩きます。12月末に家族が帰国した後一人になったらまた見に来たいと思います。特別展示を含め、事前に見学ルートを考えておいた方が良いかと思います。

◎Woodburyのアウトレット
マンハッタン周辺から車で1時間北上した場所にあります。妻曰く、Waterlooよりも店舗数が多く、敷地も広く、楽しかったそうです。マンハッタン内はLinkNYCのFree-WiFiスポットが多数あり場所によっては使用できましたが、Woodburyアウトレット敷地内ではFree-WiFiが途切れることはありませんでした。ちなみにWaterlooアウトレットではフードコート内でもFree-WiFiはまともにつながりませんでした・・・

 

充実した4日間の家族で出かけた夏の一大イベントでした。

とても良い思い出になりました。

第19週 長男がやってきました

f:id:ToaruDaigakuNoTechnician:20170813095338j:plain        Stewart Parkにて(左の大きなのが長男)

 

両親と弟そして長男が8/6の深夜にSyracuse Hancock国際空港に到着しました。妻と下3人の子供たちが4月に到着した際は車がなかったので、迎えに行けませんでしたが、今回は空港の到着ロビーで出迎えることができました。父は若いころは仕事で海外によく行っていたとはいえ、リタイヤ後10年、入国審査をはじめトラブルが色々とあったそうで、大変な苦労を掛けてしまいました。4ヵ月ぶりの再会、長男は私の身長を抜いていました。うれしいような、くやしいような。

 

以下、楽しかった一週間の記録です

月曜日 午前中は研究室の定例meetingに参加、午後はブルベリー狩り

火曜日 Niagaraの滝

水曜日 Watkins Glen州立公園

木曜日 Ithaca滝、Buttermilk Falls州立公園、Robert H. Treman州立公園

金曜日 Taughannoch Falls州立公園

土曜日 Corrnell大学キャンパス巡り

日曜日 早朝の便にて両親と弟が帰国

本当にあっという間のとても楽しい1週間でした。

 

 

 

 

第18週 4ヵ月が経過しました

f:id:ToaruDaigakuNoTechnician:20170803023411j:plain                                                 Taughannock Fallにて

本当に早いものであっという間に4ヵ月、海外研修期間の1/3が終わりました。この4ヵ月で私の英語の力はついたのか?と問われると、『目に見えて上達している』とは決して言えませんが、それでもとっさの時に簡単な英語が出るようになりました。日常の会話も『日本語への変換』はだいぶ減ったように思います。最近は天気の良い日は自転車でコーネルまで通学をしていますが、天気が悪い日にバスを利用した時に、同じアパートに住む娘の同級生のお父さんと会うと、コーネルへ着くまでのひと時を、英語で雑談(色々な情報を教えてもらったり)できるようになりました。そう考えると、4月に来て初めて研究室のmeetingに参加した時とくらべれば、だいぶ英語を聞き取れるようになったのではないかと思います。『英語できます』というには、まだまだまだですが・・・

日本では、夏休みとして研究室にも『お盆休み』があるわけですが、以前、ブログに記載した通り、我が研究室では、恐ろしいことに定期の夏休みがありません。今度の日曜日にには長男が両親とやってくるので、両親が滞在する間とその後、ちょっとぐらいは夏休みを取りたいと思います。