とある大学のTechnician(技術職員)

とある大学の技術職員の海外研修の記録です

第23週 新学期が始まりました

 f:id:ToaruDaigakuNoTechnician:20170913160856j:plain           大学にも人があふれています

 

長ーい夏休みがやっと終わり、Elmentary schoolは9/5から、High schoolは9/6からそれぞれ新学期が始まりました。さらりと高校からと書きましたが、長男は日本では中学3年生です。アメリカでは日本と比較して半年早く年度替わりするので、長男の年であれば本来高校2年生となります。当初長男は12月に日本へ帰るのでこちらでもMiddle schoolに入るようにお願いをしていたのですが、さすがに2gradeは落とせないと言われてしまい1grade落としてHigh schoolの1年生となりました。Ithacaには公立高校は1校しかないので、市内から高校生が集まってきます。それゆえに、『ENLのクラスが充実しているよ』とMiddle schoolの先生に教えてもらっておりました。ラッキーなことにHigh schoolにはうちの長男と同じように8月に日本からやってきた男の子がいました。Middle schoolには日本人はいないそうで、英語しかしゃべらない日本人ハーフの子がいるだけと聞いていたので、High schoolを選んでよかったかもしれません。ただし、彼の日本での所属中学は某有名私立中学校だそうで、ENLに入る必要のないそうです・・・それでも、ランチの時は一緒に食べるのだそうで、お互い学校内で唯一日本語が通じるもの同士、それなりにお付き合いをさせていただいているようです。
長女は今まで同じクラスだった日本人の女の子とクラスが変わってしまい、ちょっとご不満のようです。それでも同じクラスだった韓国の女の子と仲良く英語のフォローをしてもらいながら頑張っています。次男の方は、前のクラスで仲良しだった韓国の男の子と同じクラスになりました。また、もともとIthaca市内にすんでいた日本人の男の子が、アジア人が多い小学校といううわさを聞いて、転入してきました。春の時には『学校に行きたくない』と言っていた次男ですが、今は兄弟の中で最も『学校好き』になっているように思います。