とある大学のTechnician(技術職員)

とある大学の技術職員の海外研修の記録です

9日目 T-CATバス

 f:id:teyrskhagi:20170412204443j:plainTransportation Servicesへ行く途中にコーネル大学のマスコット発見


当初、通勤(通学?)に自転車を使用することも視野に入れて到着翌日にマウンテンバイクを購入したわけですが、まだ大学へは一度も自転車を使用しておりません。なぜならば、ショッピングモールへ行く以上に高低差がすごいので・・

結局、本日含め大学へ来た5日間全部T-CATバスを利用しています。日本にいる間にM教授より、コーネルIDカードがあれば、T-CATバスは無料で利用できるらしいと話を聞いておりました。昨日、コーネルIDカードをゲットしたので、試しに帰りのバスでICカードリーダに近づけたのですが、残念ながら利用できませんでした。M教授はT-CATバスのwebに細かなことが書いてあるから・・とお伺いした記憶があるので、webをまさにブラウジングしていたら、『Employee OmniRide Commuter Program 』なるものをコーネル大学のwebで発見しました。内容を簡潔にまとめると、コーネル大学で働いている人(正規・パート含めて)が大学内の駐車場を使用しない代わりに、T-CATバスを無料で利用できるというプログラムらしいです。給料をコーネル大学からもらっていない自分がこのプログラムに該当するか確認したいのですが、電話で聞くのは自信がなかったので、本業務を担当しているTransportation Servicesの建物まで、キャンパス見学ついでに行ってきました。非常に遠かったです。


私『昨日、コーネルIDをもらったんだけど、webをみたら、駐車場を使用しなければT-CATバスが無料になるってみて、来たのですが・・』

担当者様『IDカードを見せてもらえますか?』

担当者様『★◇〇☆△◎・・・・・・・』

私『すいません、先週日本から来たばかりで英語の聞き取りがわるくて・・』

担当者様『オッケー、問題ありません、客員研究員ですね、所属はどこですか?』

私『化学・化学生物学科です、A教授のもとにいます』

担当者様『部屋番号はわかりますか?』

私『〇〇〇、物理科学・・』

担当者様『はい、登録完了しました、バスのリーダーでスキャンして運転手にIDカードを提示してくださいね』

私『あ、ありがとうございました』

担当者様『よい一日を!』

私『本当にありがとうございましたー』


これからは1ドル50セントを持ち歩かなくて済みます。50セントがなくて何度も2ドル払って乗っていましたが、もうそういう損した気分になる必要ないんですね。

広告を非表示にする